姫路風俗求人と接客

姫路の風俗求人に応募してお客さんに気に入られるには?

接客業を学ぶ必要性

姫路風俗求人に応募して風俗店で働くならば、どの店にしても共通して言えるのは「接客業」である、ということです。この接客がちゃんとできていなければどこに店に行っても人気にはなれませんし、リピーターがつかないどころか、お店の不利益として飛ばされてしまいます。

風俗は世の中的には良い仕事と見られないこともありますが、愛想がよくない、コミュニケーションも上手くない、基本面倒臭い、でも身体預ければそれでいいんでしょ? という認識の人は決して働くことはできません。そういった軽い認識で入ってくる人はどんどん下のクラスのお店へと流されていきます。高い給与を得るにはそれなりの接客術が必要ですし、まず世の中というものを、男性を通して学んでいかなくてはなりません。

姫路風俗求人では真面目さが大事


男性に喜ばれる接客とはなにか? まず基本的には真面目であることが大切でしょう。男性はよくも悪くも形式的なところがありますので、まず会った際には「初めまして」と挨拶をする。そして手を取り合って仲良く会話を弾ませる。自分からどんどん打ち明けて話していかなくてはなりません。

一般社会ではむしろこの逆ですよね。男性が女性にアプローチする、というのが、少なくとも日本ではそのような認識になってます。女性の警戒心を解くために自分から色々なことを打ち明けていかなくてはなりませんし、女性が好きそうな話をピックアップして会話を盛り上げる努力をする必要があります。それが姫路風俗求人で応募した風俗店で活躍するために必要なことです。

男性が好きそうなネタを話す


姫路風俗求人に応募した風俗店で接客を行うときは、男性が好きそうな話をネタとして持っていたり、そういうトレンドの情報まで掴んでおくと非常に喜ばれると思います。これは普通の女性だったらまずできないような会話なので「彼女はそこまでしっかり勉強しているんだな。素晴らしい。」とまずポイントがあがると思います。男性の場合、風俗で働く人であっても女性に優しくしようという意識から男性からどんどん話してくるケースももちろんあります。

風俗働く女性は、ついつい身を任せて男性の話に乗ってしまうことも多いです。そういうおしゃべりな男性の場合は、一旦女性が聞き手に回って男性が心地よく思えるようにしてあげることも技術のひとつだと思います。ただし、任せきって自分からは何もしないのは「おい、俺が話ばかりじゃん」と逆に気を使わせてしまいます。ここが難しいところですよね。聞き手でありながらも接客をする。とにかく基本は「相手に不快を与えない。心地よい時間を提供する。」です。それに則していればどんなオリジナルでも構いません。